MMF

MMFは、「低リスクな投資信託」の代名詞となっている公社債投資信託であり、安全性と柔軟性に優れた金融商品として、近年人気が高まっています。大手証券会社をはじめ、ネット証券や銀行等でも盛んに取り扱われるようになりました。

MMFは、投資対象を公社債(国債、地方債、政保債、社債)と、信用格付けの高い有価証券・短期金融商品に限定することにより、投資元本の安全性を図り、安定した利回りでの運用を実現した商品です。定期預金よりも利回りが良く、「購入から30日経過後は、いつでも自由に引き出すことができる」という柔軟性の高さが魅力とされています。

MMFは毎日決算を行って収益を分配する「実績分配型」の投資信託です。収益分配金は、運用の実績により日々変動するため、収益も変動します。毎月、月末に1ヵ月分の収益分配金がまとめられ、税金が差し引かれた後、再投資されます。原則として、1円以上1円単位で購入することが可能とされていますが、1万口あたり1万円を基準価格と設定しているファンドが多いようです。販売手数料は無料ですが、購入から30日未満で解約した場合には、ペナルティとして「信託財産留保額」がかかります。30日経過後は、いつでも自由に換金することが可能です。

MMFの金利は、定期預金よりは高めの設定となっていますが、高金利と呼べるほどではありません。リスクが低い分、リターンも低くなってしまうためです。そのため、利回りを重視するのであれば、外貨預金や外貨建てMMFの方が運用効率が良いと言えるでしょう。

MMFは低リスクで安全性の高い商品だと言われていますが、元本は保証されていません。そのため、金利変動や社債発行会社の経営状態によっては、基準価格が下落し、元本割れを引き起こす可能性もあります。また、預金ではないため、ペイオフの対象外でもあります。

ここではMMFのしくみやメリット・デメリットについて述べると共に、MMFと比較されることの多い「MRF」や「外貨建てMMF」との相違点、そしてMMFの効率的な活用法について解説していきます。

各ページのご案内

MMFとは

MMFとMRF

外貨建てMMF

MMFのメリット

MMFのデメリット

MMFの活用

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.