利息

利息や利子は、金融機関に預金した時にもらえたり、お金を借りた時に支払いをするお金のことです。利息と利子は同じ意味で使われています。定期預金などに預金をする時には利息を多くもらいたいし、住宅ローンなどで借りる時には利息は少ないほうが助かります。そのような利息の高低には金利が関わってきます。金利は利率と同じ意味で使われています。

金利と利率は、利息と利子を求めるためのレートです。通常、金利と利率は1年間の年利になっています。元本に対して、どれくらいの割合かを表しているのが金利です。そして、金利と利率は同じ意味です。また、元本と金利の割合から求められるのが利息と利子の金額になります。

預金商品では、定期預金などの金利の高いものが人気です。変動金利定期預金やスーパー定期などの自由金利型定期預金は、預入の額が大きく、高金利な設定なので利息も期待できます。満期日以降の取り扱いは、預金の預入日(口座開設時)に決めておきます。大抵、「元利金自動継続型」「元金継続型」「自動払戻し型」の3種類から選べます。また、普通預金などの自由に入出金ができる口座とは異なって、定期預金などの預金は解約日以外に解約すると、中途解約利率が適用されて利息が当初の予定よりも少なくなるので気をつけたいです。

住宅ローンやカードローンなど、金融機関にお金を借りた時に元本と一緒に支払うお金のことも、利息や利子といいます。借りたお金に対しての手数料のようなものです。お金を借りた場合にも、利息や利子は元本と金利の割合で金額が決まります。この場合は預金商品とは異なり、なるべく金利や利率が低いほうが返済時には助かります。

住宅ローンなどでは「店頭金利」や「基準金利」といった言葉が、店舗やホームページなどに記載されています。この店頭金利と基準金利は同じ意味で使われており、いわゆるメーカーが決めた定価のようなものです。実際に顧客が住宅ローン金利を組む時には、そこから値引きされた「適用金利」や「優遇金利」が使われます。

各ページのご案内

金利と利率

預金利息とは

利息と金利

普通預金の利息計算

定期預金の利息計算

単利と複利の計算方法

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.