ATMの基礎知識

ATMとはAutomatic Teller Machineの略で、現金自動預け払い機のことです。銀行内やショッピングセンター、駅構内やコンビニなどに設置されています。

銀行の窓口での手続きは伝票を記入し、対人で取引を行いますが、ATMでは銀行が発行するキャッシュカードを使い、現金の預け入れや引き出しなどをします。窓口での手続きと違い、対人ではないのでその分手数料などが割引きされています。

今ではATMは様々な場所にありますが、とくにめざましいのがコンビニATMの存在です。コンビニATMでの取引は基本的に24時間できます。そのため、銀行ATMよりコンビニの方を中心に使う方も多いようです。銀行側もそんなニーズに対応して、全国にあるコンビニATMを自社ATMの代わりに使えるよう、手数料を無料にする所もあります。銀行側もATMの設置を新たにするよりもコスト面でメリットがあるためです。

コンビニATMやゆうちょ銀行ATMは、全国どこからでも利用できるのがメリットです。それに対し、銀行が設置しているATMでは独自のシステムを取り入れ機能が特化しているものがあります。たとえば、硬貨の入出金に対応したものや、宝くじの購入ができたり、新通帳の発行ができるATMもあります。セキュリティ面も配慮し、偽造が難しい生体認証IC対応のATMもあります。あらかじめ登録してある手指の静脈パターンと暗証番号のダブルチェックでより安全性を高めています。

特定の銀行では他行との差別化で、給与振込や預金残高、ローンの契約、所定のクレジットカードの契約など、銀行との取引のいかんにより、自行ATMや提携ATMの手数料を無料にするサービスもあります。また、取引をポイント化し、ポイント数に応じてATM利用手数料が無料になったり、一定の残高を目安に特典を用意している銀行もあります。

各ページのご案内

お財布代わりのATM

コンビニATM

ATMの入金

ATMの振込手数料

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.