解約

銀行の解約は、店舗の窓口で行います。銀行口座の解約とは、円普通預金口座を解約することで完了します。

引っ越しなどで、やむなくメインバンクの解約手続きが必要な場合があります。引越し先に今まで利用していた銀行があればよいのですが、遠方になるとかなりの確率で近くにはありません。そうなるとメインバイクの変更が必要です。引っ越し後の手続きは時間も労力もかかりますので、引っ越し前に銀行口座の解約をしておきたいです。

多くの金融機関では、解約時に必要なものとして、通帳、印鑑、本人確認書類を持参します。たいていの銀行では、開設した支店以外でも口座解約が可能ですが、中には開設した支店のみでしか対応しない所もあります。また、必要な書類が用意できれば、郵送での解約を受け付けている銀行もあります。解約時には、電話での問い合わせや、銀行のインターネットサイトで確認しておくと迅速に対応ができます。

インターネットバンクの場合は、店舗がないため、インターネットサイト上で操作を行います。ログイン後に、サイト上にある解約ボタンをクリックすると処理ができます。ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行などは、銀行のウェブサイト上で解約ができます。しかし、新生銀行セブン銀行などは書面での手続きが必要なので、解約の申し込みは郵送での対応になります。

銀行の解約で気をつけたいのは、円定期預金や外貨定期預金、仕組預金自動積立定期預金などの金融商品を事前に解約しておくことです。これらの預金商品の利用が継続している場合は、口座の解約ができないからです。また、仕組預金などは中途解約ができないタイプの預金商品もあるので、注意が必要です。

じぶん銀行の「ステップアップ定期預金」や「外貨ステップアップ定期預金」などは、原則として中途解約ができません。万が一、解約した場合は元本割れの恐れがあるので、できれば満期まで利用したいです。

各ページのご案内

解約について

銀行口座の解約

普通預金の解約

定期預金の解約

仕組預金の解約

ネット銀行の解約

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.