ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)は、相談者の人生設計において、お金に関することを一手に引き受ける専門家です。保険や預金、資産運用、不動産、年金などの、生きていく中で必要になってくる金融商品の概要を説明しながら、適切な商品を紹介します。そのためFPの仕事は、知識や接客などの高いスキルが要求されます

しかし、ファイナンシャルプランナーがすべてのカテゴリーに精通しているかというと、やはり得手不得手があります。保険会社出身のFPなら保険商品全般が詳しいです。また預金や住宅ローンなどは、金融系出身のFPがエキスパートとして活躍しているなど、それぞれに得意分野があります。

ファイナンシャルプランナー(FP)の良し悪しを判断する最初の目安として、担当のFPがどの資格を持っているのかを確認するのが簡単です。FPと一口に言っても資格レベルは異なります。ファイナンシャルプランナーは、国家資格である1〜3級FP技能士と、日本FP協会が主催する民間資格のCFP、AFP資格者などがいます。FP技能検定試験は3級FP試験から始まり、学科試験と実技試験があります。この3級FP技能試験は、誰でも受験が可能です。

さらに上級の2級FP技能試験検定は受験資格として、1.3級FP技能検定合格者、2.日本FP協会のAFP認定研修修了者、3.2年以上のFP業務経験者、の1〜3のいずれかが必要になります。ちなみに2の受験資格で合格をすると、AFPの資格も取得できます。

またさらに上級資格となる1級FP技能試験検定は、先に学科試験があり、その合格者が実技試験を受験できます。学科試験にも受験資格が設定されています。2級FP技能検定合格者で1年以上の実務経験、FPとして5年以上の実務経験、のいずれかが必要です。日本FP協会が認定するCFP合格者は、1級の学科試験が免除になり、実技試験から受験できる特典があります。

各ページのご案内

ファイナンシャルプランナーについて

ファイナンシャルプランナーの仕事

ファイナンシャルプランナー(企業系)

ファイナンシャルプランナー(独立系)

ファイナンシャルプランナーの選び方

ファイナンシャルプランナーの無料相談

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.