金利とは

金利とは、銀行の普通預金定期預金に預けるときには、利子という形でお金が受け取れます。また、住宅ローンやカードローンなどでお金を借りる時には、利息として支払いをします。金利はお金の貸し借りをした時に、金額や期間に応じて支払ったり、受け取ったりする手数料です。

金融機関などにお金を預金する時は、利息をより多くもらいたいので、なるべく高金利の預金金利商品を利用したいです。たとえば、円定期預金よりは、外貨定期預金の方が適用金利が高めに設定されています。定期預金金利は、満期までの預入期間は固定金利制が多いため、預入日までにより高金利な商品を探しておきたいです。

銀行の預金金利は、三菱東京UFJ銀行などのメガバンクよりも、住信SBIネット銀行などのインターネット銀行の方が高く設定されています。ネット銀行に記載されている金利一覧などを見比べると、金利差が確認できます。

金利は、利子や利息や年利や利率といった表現であらわされます。どれも同じような意味に取れますが、厳密にいうと違いがあります。金利はお金の貸し借りをした場合に支払う手数料のようなお金になります。同じような言葉で、年利は貸し借りしたお金の1年あたりの金利の比率を指します。利率は毎年受け取れる利子の元本に対しての割合のことです。また、利息は借した側が金利に応じて受け取るお金のことです。利子とは借りる側が金利に応じて支払うお金のことをいいます。

金利は、景気に左右されます。景気が良くなると、物価が上がります。けれども物価が上がり過ぎると、モノやサービスの値段が高くなって、生活がしにくくなります。その時に日銀が物価の上がり過ぎを抑えるために、金利を高くします。すると企業などが銀行にお金を借りにくくなって生産性が下がり、景気が落ち着きます。逆に景気が悪くなると、金利を下げて企業などがお金を借りやすくします。そうすることで生産性が上がり、景気のよくなることが期待できます。

各ページのご案内

金利について

金利とは

金利の種類

金利の決め方

固定金利

変動金利

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.