投資信託

投資信託は、投資は初めてという方が投資にチャレンジするのにぴったりな商品です。

投資をしたいけれども、十分な知識と経験を持ち合わせていないと、なかなか最初の一歩が踏み出せません。その結果として、金利は少ないけれども元本が減らない定期預金に預けておこうという安全策に走りがちです。そんな時に最初の投資商品として、運用をプロのファンドマネージャーに任せられる投資信託商品が選べます。

投資信託の魅力は、運用は個人ではなくプロのファンドマネージャーが行うために安心感がある所です。投資信託は、投資信託自体を企画・作成する「運用会社(投資信託委託会社)」、それを投資家個人に販売する証券会社などの「販売会社」、預かった資産を保全・管理する「受託会社」の3つの会社が、投資信託に関わっています。投資信託は、運用の失敗で元本が減ることもありますが、関わる3つの会社が倒産をしたとしても、受託会社の分別保管制度で資金は保全されるので安心です。

投資信託は、ファンドマネージャーが運用をして利益を出すと、各投資家たちに分配されます。分配金の受け取りは投資信託により様々です。分配金が支払われる期間も、毎月のタイプや年1回だけのタイプがあります。このような詳細の違いは、販売の取扱いが開始されたファンドの交付目論見書に記述されているので確認しましょう。目論見書は銀行や証券会社で、申込期間中に詳細をたずねることもできます

投資信託はこのように3つの企業が関わることで成り立つ商品なので、個人で投資を行うよりも手数料を支払う場面が多くなります。たとえば、販売手数料や信託報酬や監査報酬といったものです。けれどもインデックスファンドであれば、機械的な運用を行うために他の投資信託商品よりも手数料が低く設定されています。なかには、購入時の販売手数料が無料のノーロードファンドもあって人気です。

各ページのご案内

投資信託について

投資信託の種類

投資信託のメリット

投資信託のデメリット

インデックスファンド フォルダー

REIT フォルダー

ETF フォルダー

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.