円は日本の通貨ですが、その歴史は意外に新しく、1871年(明治4年)の「新貨条例」という明治政府が制定した貨幣法からはじまります。それ以前の日本の通貨は、江戸時代の頃は、時代劇に登場する小判などで、その前は金や銀、モノとモノとを直接交換する物々交換などが行われていました。

円は今では、ドルやユーロに次ぐ取引量を誇り、世界三大通貨と呼ばれています。日本は国土も小さく、人口も約1.3億人と世界から見ると小さな国ですが、貿易が盛んで円の通貨取引も活発です。資源が少ないので原材料を輸入に頼っていることや、輸出取引を行っている企業が多いので、世界中で円の決済取引や流通が盛んに行われています。

アベノミクス以降ここ最近の政策は、日本の経済を活性化させるために、長く続いていた円高経済を円安に転向させ、輸出業の伸びを期待しています。しかし、近年は国内の人件費の高さから、より賃金の安い海外へ工場を移設しているケースが多く、円安のメリットが受けにくい状況ともいわれています。そうした中、海外進出組の企業の中には、日本国内での生産回帰が一部では始まっています。

日本経済は世界経済の影響を受けやすく、その影響は、経済指標や為替の変動にダイレクトに関わってきます。円の為替レートも同じように変動することが多いです。そのため、世界が景気の良い時は最大の恩恵を受け、安定した運用ができる通貨として、世界中の投資家から売買されています。

貿易で世界に流通している円ですが、最近はFXトレードで人気の通貨になっています。1998年(平成10年)の外為法の改正により、海外通貨の取引が自由化されました。外国為替取引で人気なのは、ドル円やユーロ円といった円との通貨ペアです。また、長い間続いている低金利政策のために、円を売り、高金利な豪ドルなどを買う方法が一般的になっています。

各ページのご案内

円について

日本円の歴史

円相場

円の価値

円高

円安

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.