新生銀行

新生銀行の利用には、新生総合口座パワーフレックスの開設が必須です。円預金はもちろん、外貨預金投資信託、保険、株式、住宅ローンなどの取引が行えます。他行では商品別の申込みが必要な場合が多いですが、新生銀行では、新生総合口座パワーフレックスの銀行口座を申込むだけで事足りるので、面倒もなく効率よく銀行取引ができます。

新生銀行は、ローン部門にも力を入れています。住宅ローンは、新規の借り入れや、借り換えでも変わらず、保証料・保証事務取扱手数料が無料で、団信の保険料を新生銀行が負担します。そのため、金利と経費のトータルコストを比較して、新生銀行の住宅ローンを希望する方が多いようです。けれど、実際の手続きは店舗での契約が必要なため、店舗数が少ない新生銀行では、地方の方は利用しづらいのが現状です。

また、カードローンは、新生銀行グループのレイクでの利用になります。レイクでは、初めての申込みなら30日間無利息で、さらに5万円まで180日間無利息のサービスもあります。返済はATMやインターネットも利用できます。レイクATMや新生銀行ATM、セブン銀行など提携ATMを手数料無料で利用できます。返済日にATMの利用が難しい場合は、24時間対応のWeb返済サービスが便利です。

そして、投資信託をNISA口座ではじめるには、新生銀行のNISAプラスの開設が必要です。このNISAプラスは100万円のNISA枠の金額はもちろん、NISA枠を越えた課税口座(一般口座または特定口座)分も、一度に申し込んだ金額なら申込手数料が無料になるサービスです。

さらに新生銀行では、Tポイントが貯まるT会員サービスも行っています。口座開設やイーネットATM利用、2週間円預金の開設や住宅ローンの利用でポイント付与されます。

新生銀行の基本情報

銀行名:株式会社新生銀行

住所:〒103-8303 東京都中央区日本橋室町2-4-3

電話:03-6880-7000(代表)

資本金:5,122億円

銀行コード:0397

各ページのご案内

新生銀行について

新生銀行の普通預金

新生銀行の特徴

新生銀行のメリットとデメリット

新生銀行の新生ステップアッププログラム

新生銀行の2週間満期預金

新生ステップアッププログラム フォルダー

新生銀行のTポイント フォルダー

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.