株の初心者へ

アベノミクス効果で株高が騒がれているここ数カ月、この流れを逃すまいと、株取引やその他投資を始めることに興味を持っている人は少なくありません。事実、証券会社が主催する、色々な投資セミナーは、連日超満員という現象が起きているそうです。

株取引自体は、仕組が理解できれば、そんなに難しいものではありません。まず株とは、「ある企業を所有する権利の一部」ということになります。企業は、運営資金調達のために、株券という券を発行します。これを色んな人に買ってもらうことで、資金調達をし、その資金を使って会社を運営して利益を出し、株を買ってくれた、つまり、資金を提供してくれた人々(株主)にお礼として、その利益を還元しています。

株取引で利益を得るには、簡単にいえば、健全な経営をしているか、信用度が高いか、技術力などに、将来性があるか等を把握できればいいので、いい株、安全な株を選ぶのはさほど難しいことではありません。しかし、結果を得るには時間がかかりますし、会社の運営というのは、景気などの社会動向などによっても、大きく左右されるものです。ですから、必ずしも利益は確実なものではなく、常にリスクを伴います。

株取引を始めとする金融投資というものは、競馬や競艇などのようなギャンブルにも似た要素がありますが、常に含んでいるリスクを承知の上で、知識や機を見る目を養う努力をして、自分にとって安全と言える金額の範囲内で、株取引等をするのであれば、このような投資は、競馬や競艇などのギャンブルよりも、ずっと確実なものと言えます。

各ページのご案内

株とは

株を買う、株を売る

株主になるということ

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.