貯蓄できる保険

誰もがご存じの「まさかの時に備える金融商品」である生命保険。そんな生命保険の中には、事故やけがをしたときの保障だけではなく、貯金を合わせて行えるタイプの商品もあることはご存じだったでしょうか。代表的な名称でいえば、保険の種別に「養老保険」や「個人年金保険」、または特約に「低解約返戻金型」とされている保険が今回ご紹介する「貯蓄できる保険」と言えます。

事故や病気、それにけがなどをしたときに財産をフォローしてくれる保障がついているうえに、それでいて貯蓄もできるならまさに一石二鳥と考えてしまいますが、保険会社が自ら損をするようなことはありませんから、まずはしっかり特約の内容や保険金が支払われる条件を確認することを怠ってはなりません。なかなか思ったような金額を支払ってくれるわけではなく、申し出時の状況を踏まえたケースバイケースの支払いとなります。

そもそも貯蓄できる保険の仕組みは、満期になったときの返戻金がポイントとなっています。通常の生命保険では死亡すると1億円、などといったように何かあったときに保険金が受け取れるようになっていますが、同時に満期になったときにも満期保険金が受け取れるようになっています。

いずれのお金を受け取る場合でも、支払った保険料の総額を上回るお金がもらえることが多いのですが、このうち満期保険金イコール貯金とみなして、実際に支払った保険料に比べて多くのお金が満期になるともらえる、この仕組みを「貯蓄できる保険」として生命保険会社は販売しているのです。

各ページのご案内

貯蓄できる保険のメリット

貯蓄できる保険のデメリット

貯蓄できる保険の金利

貯蓄できる保険を比較する

貯蓄できる保険の加入方法

貯蓄できる保険の活用法

貯蓄できる保険と人生設計

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.