老後の資金計画

老後資金は一人3000万円、ゆとりをもって暮らしたいな5000万円とよく言われます。3000万の根拠はというと、退職してから年金が支給されるようになるまでの空白期間の生活費に、年金だけでは不足する分の生活費、それにインフレや年金支給額低下のリスクに備えるための資金を合わせると大体2000万円、これに怪我や病気のリスクに備えための資金を合わせると3000万円程度になるという計算です。もちろん、住んでいる場所や家族構成、その時の物価や自分の健康状態、そして老後の生活スタイルにより、必要となる資金は大きく変わってきます。

老後の資金計画は、30年後の未来へ向けたものであるため、とても不確定要素が多く計画をたてにくいものです。しかしながら、少子高齢化社会が進めば進むほど、年金の支給開始日は後ろ倒しになっていくでしょうし、支給額も減額されていく可能がありますので、老後に向けての備えは必須です。

不確定要素が多く、計画をたてにくい老後資金を計画的に貯蓄していくためには、自分のライフプランのイメージに合わせて老後の生活費に本当に必要な資金を割り出し、その額を具体的な数値に落とし込んで行くことが必要です。また同時に、自分の病気や物価の変動などの不確定要素については、保険に加入したり、資産運用したりすることによってリスクヘッジを行います。

ゴールが遠く先の見通しもしにくい老後資金の貯蓄ですが、頑張ればその分老後にゆとりが生じます。これから述べるノウハウを参考に、無理なく長く続けられる自分の資金作り計画をコーディネートしてみてください。

各ページのご案内

病気に備える

物価上昇に備える

住み替えや同居に備える

老後資金を貯めるコツ

年金 フォルダー

退職金 フォルダー

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.