円高と円安

円高と円安について書く前に、円にまつわることを指摘しておきます。普段の日常生活で欠かせないものがお金なのです。お金は生活に中で欠かせないものですが、最近は円安と円高に関して、「円」の相場で会社の利益が何億も変わるという事態を目の当たりにしています。

その一例が、アベノミクスです。昨年に安倍晋三第二次内閣が誕生し、そして、アベノミクスという言葉が、一気に広がりました。安倍晋三内閣が掲げる三本の矢に代表される経済政策は円安に導いたとアナリストから好意的に迎えられています。それ以前の円高が異常だったとも言えます。

日常での買い物などで円はなくてはならないものですが、世界中でも円は利用されています。しかし、円の歴史をひも解くと、意外に浅く、円が生まれたのは、明治時代にさかのぼります。

1871年(明治4年)には、日本で最初の近代的な通貨制度である「新貨条例」が制定されました。これ以前は、単位が両や文のお金が流通していたのは、ご存知の通りです。当時は、英ポンドを中心に一般的になっていた金本位体制を日本でも採り入れて、金1円の金含有量が1ドル金貨とほぼ同量だったことから、ドルと円の交換レートは1ドル1円に決められたということです。これは、途轍もない円高です。

お金の単位は、日本では円、米国ならば米ドルなどです。基本的に、国内においては自国で発行した通貨以外は使えません。そのために、他国で買い物をする場合は、通貨の交換所で買い物をする国の通貨に交換しておく必要があります。

この取引で使われる交換比率(レート)が為替レートと呼ばれるものです。例えば、1ドル=100円という場合は、米ドルの1ドル当たり100円と交換できるということです。

現在、多くの国で変動相場制が採用されていて、為替レートは両国間の様々な要因で絶えず変動していますが、これを単純化してみますと、価値の高い通貨ほどレートも高くなります。その中で、円は、海外の投資家などの間では、安定した通貨として人気があり、円安に振れたと言っても1ドル100円のあたりを行ったり来たりしていて、まだ、円高基調なのは変わっていません。

各ページのご案内

円の歴史

円は世界三大通貨のひとつ

為替レート

円高

円安

外貨預金

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.