学資保険

子育てにかかる費用は一人当たり1000万円以上とよく言われています。もちろん、公立か私立かによって、または住んでいる地域によっても事情は変わりますので一概には言えません。しかしながら、子育に長い時間とお金がかかるのは事実です。そして子育てにかかる費用の中で、最も大きな割合を占めているものは、何と言っても教育費です。

子供の教育費は、保育園や幼稚園へ入園すると同時にかかり始めます。公立であれば、小学校、中学校、高校の授業料は無料となりますが、給食費や教材費、PTA会費等は発生しますし、勉強机やランドセルなどの学用品や問題集等の購入、ピアノやプール等の習い事や学習塾など、授業料以外にも様々な教育費用がかかります。そして大学進学のタイミングで教育費はピークに達し、入学金や授業料を合わせると国立大学であっても100万単位のお金が必要となるのです。

これほど巨額な教育資金を一朝一夕で用意することはできません。子供が生まれたその日から、資金が必要となるその日までに、コツコツと貯金していくことが大切です。

教育資金の貯め方としてよく取り挙げられるのが「学資保険」です。従来は郵便局の学資保険が主流でしたが、最近では多くの保険会社からバリエーション豊かな学資保険が発売されるようになりました。育児雑誌やインターネットでは、様々な学資保険が紹介され、比較されていますが、ここまで種類が多いと「どれを選べばいいのわからない」という方も多いのではないでしょうか。

数ある学資保険の中から自分の目的や自分のライフスタイル合った商品を選ぶためには、まず学資保険についての基礎知識を高めることが大切です。

ここでは学資保険の種類や特徴、学資保険のもつメリットやデメリットについて述べると共に、積立預金との比較や子供保険との比較も行い、今現在どのような学資保険が注目されているのかについて解説していきます。

各ページのご案内

学資保険とは

学資保険と積立預金

今注目の学資保険

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.