デビットカード

デビットカードとは、買い物などの利用時に、銀行口座から請求額を即時引き落としされるサービスです。

デビットカードは大まかに分けて、J-DebitとVisaデビットカードの2種類になります。J-Debitは、日本デビットカード推進協議会が金融機関で発行されるキャッシュカードを利用し、キャッシュレスで安全に使え、さらに消費の向上を目指して作ったシステムです。Visaデビットカードは、Visa提携の楽天銀行デビットカードや近畿大阪Visaデビットカード、JNBVisaデビットカードなどから発行され、利用には申込と審査が必要です。2つのカード共に加盟店での利用が原則です。デビットカードの利用時には端末に暗証番号を打ち込み決済をします。

J-DebitはJ-Debitマークの表示のある日本国内約45万ヶ所の百貨店やスーパー、家電量販店などの加盟店で利用できるデビットカードです。カード自体は、全国のほとんどの金融機関が発行する4.1億枚以上のキャッシュカードなので、新たに審査や発行をすることもなくすぐに利用できます。買い物の前に窓口やATMで並んで出金する手間も省け、カード自体がキャッシュカードなので年会費や手数料なども必要ありません。

Visaデビットカードは、日本はもちろん世界200ヶ国以上で利用でき、J-Debitでは利用できないネットショップでの利用もでるデビットカードです。Visaデビットカードの中には、手数料無料で海外ATMから現地通貨を引出すこともできるので、空港での両替の手間もなくなります。また、Visaデビットカードの中には、マイルや独自のポイントサービスが貯められたり、キャッシュバック機能などもありサービス面が充実しています。なかには、年会費無料のカードもあります。

各ページのご案内

デビットカードとは

デビットカードとクレジットカード

デビットカードの使い方

デビットカードのメリット

デビットカードのデメリット

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.