クレジットカード

クレジットカードの登場は、1920年代のアメリカです。石油会社が発行したガソリン購入用のオイルカードが初めてといわれています。その後はトラベル&エンターテイメントカードの隆盛を経て、現在は多目的に使えるカードが主流です。1950年に発行されたダイナースカードがブランドカードでは初といわれています。

日本ダイナースクラブができたのは、日本では1960年です。本格的にクレジットカードが普及したのは、1968年以降に都市銀行が本格的に取り組んだためといわれています。

クレジットは、日本語で言うところの信用にあたります。クレジットカードは、信用によって商品が購入できます。店舗で購入した代金は、その場で現金で支払うことなく決済できます。クレジットカードを持っていれば、大金を持っていたために負うリスクもなく、気軽にショッピングや食事が楽しめます。

 

クレジットカードの利用がさらに広がったのは、ネットショッピングの影響も大きいようです。決済の手軽さと銀行からの支払いでは手数料などが掛ってしまうため、今までクレジットカードを持っていなかった層にも普及したようです。

以前は必要だった年会費なども、無料のカードが増え、申込のハードルが一段と低くなりました。また、クレジットカードのショッピングやキャッシング機能に加え、ポイントの取得、カードによっては様々な割引特典、旅行傷害保険の付帯、ショッピング保険や購入品損害保険、ETCカードなどの登場で、さらに便利になったことも要因です。

しかし、便利なクレジットカードですが、現金払いではないので、使い過ぎが心配されています。以前は自己破産することもありましたが、度重なる法改正で制限がかけられ、無理な支払いを負うこともなくなりました。紛失や悪用された場合にも迅速に対応してくれるので安心です。

各ページのご案内

クレジットカードの使い方

クレジットカードのメリット

クレジットカードのデメリット

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.