空売り

空売りとは、証券会社から借りた株を売買することにより、利益を得る信用取引の一つです。株価が下落傾向にある時でも、利益をあげることができる株式投資方法として、近年、個人投資家の間でも注目されるようになってきました。

空売りの具体的な流れとしては、まず証券会社から株を借り、それを一度売却します。そして、株価が下がってきたタイミングで株を買い戻し、証券会社に株を返却します。すると、売却した時よりも、安い値段で株を買い戻すことができるので、その差額分が利益となるのです。このように、自分で株を所有していない「空」の状態で株を売ることから、「空売り」と呼ばれています

空売りを行うためには、証券会社に信用取引口座を開設する必要があります。空売りは信用取引の一つであり、通常の株取引と比べるとリスクが高くなっています。そのため、証券会社によっては、信用取引口座の開設の際に、自己資金や投資年数などについて審査が行われる場合があります。一般的に、大手証券会社ほど審査が厳しく、ネット証券ほど審査が甘くなっています。

信用口座を開設した後は、空売りする株の銘柄を選びます。すべての株式が空売りの対象となっている訳ではありません。空売りができる銘柄は「貸借銘柄」と呼ばれ、証券会社などによって限定されています。一般信用取引においては、証券会社が指定した銘柄のみ、制度信用取引においては、証券取引所および証券会社が定める「貸借銘柄選定基準」を満たした銘柄のみが、貸借銘柄とされています。

従来、空売りは現物取引と比べるとリスクが大きく、難易度も高い投資方法であるため、個人投資家はあまり手を出さない株取引でした。しかしながら、信用取引の規制緩和や、ネット証券の台頭により、投資経験が浅くても、気軽に空売りを行うことができるようになってきました。

SBI証券の「HYPER空売り」、松井証券の「プレミアム空売り」など、多くの証券会社が、個人投資家向けの空売りサービスを取り扱っています。ただし、リスクが高い取引であることには変わりはありませんので、いくら簡単にできるからといって、そのしくみを理解せずに取引するのはとても危険です。

ここでは、空売りのしくみや銘柄など、空売りに関する基礎的な情報および、空売りのメリットとリスクについて解説します。

各ページのご案内

空売りのしくみ

空売りと株式市場

空売り残高とは

空売りできる銘柄

空売りのメリット

空売りのリスク

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.