琉球銀行

琉球銀行の誕生は、まだ沖縄が日本に返還される前に遡ります。米軍の統治下だった1948年(昭和23年)に中央銀行的な働きを持つ銀行として設立されました。1972年(昭和47年)に沖縄の本土復帰とともに普通銀行として営業をはじめます。それ以降は地域と密着した地方銀行として地元の方々に利用されています。店舗は沖縄県那覇市に本店があり、県内を中心に60店舗以上、東京にも1店舗あります。

琉球銀行はインターネット支店が無く、県内在住者を中心に利用されている銀行です。地元地域への社会貢献や助成活動がとても活発です。琉球銀行は「地域から親しまれ、信頼され、地域社会の発展に寄与する銀行」を経営理念にしています。そのため、商品、サービスの充実に力をいれています。そんな琉球銀行の目指す将来像が「まかせてバンク」というものです。文字通り顧客のすべてのニーズや要望を任せてほしいとの意味から名付けられました。「必要な時には、いつもそばにりゅうぎんがある」、「かゆいところに手が届く」といった金融サービスを目指している銀行です。

代表的な例として、2002年(平成14年)にはインブランチストアを県内の金融機関で初めてオープンさせました。ほかに、県民の半数以上が保持しているTカードの採用をしたのも、琉球銀行が県内の金融機関で初めての試みでした。

また、2013年(平成25年)には琉球銀行のサイトがリニューアルされました。店舗の利用以外でも使い勝手が格段に増しました。それというのも、口座の開設から定期預金、各種支払いの申込みがインターネットバンキングから簡単に利用でき、主要の取引が自宅や職場のPCから手軽にできるようになりました。

このように琉球銀行は、多方面からのサービスの充実と積極的な活動で、地元の方々が利用しやすい銀行を目指しています。

琉球銀行の基本情報

銀行名:株式会社琉球銀行

住所:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地1-11-1

電話:098-866-1212(代表)

資本金:541億2,700万円

各ページのご案内

琉球銀行とは

琉球銀行のオンラインサービス

琉球銀行のネットバンキング

りゅうぎんポイントサービス

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.