MICS

MICSとは「Multi Integrated Cash Service」の頭文字をとった略称であり、日本語での正式名称を「全国キャッシュサービス」と言います。MICSは、銀行ATM同士をつなぐ相互接続ネットワークであり、銀行カードを使って、他行のATMから自分の口座の現金を引き出すことを可能にしているサービスです。つまりMICSとは、私達の生活に非常に密着したサービスだと言えます。

MICS提携金融機関のキャッシュカードを持っている場合は、全国のMICS提携ATMでの、残高照会、出金、振込時の受取人の口座確認等の銀行取引を行うことができます。

現在MICSには、都市銀行をはじめ、地方銀行第二地方銀行信用金庫といった、民間金融機関が加盟しており、これらの民間金融機関のCD(キャッシュ・ディスペンサー)およびATMのネットワークが相互接続されています。

MICSは、1990年に都市銀行のCD・ATMの相互接続ネットワーク「BANCS」と地方銀行のCD・ATMの相互接続ネットワーク「ACS」が提携したことにより誕生しました。その後、第二地方銀行の「SCS」、信託銀行の「SOCS」、新生銀行・あおぞら銀行・商工中金の「LONGS」、信用組合の「SANCS」、信用金庫の「しんきんネット」、労働金庫の「ROCS」、そして系統農協および信漁連(全国農協貯金ネットサービス)とも提携を進め、現在は9業態が提携し、運営されています。

MICSに加盟している金融機関は、全国に1,300以上もあり、MICS接続のCDおよびATM設置台数に至っては111,300台を超えるなど、金融機関のネットワークとしては、国内最大規模のものとなっています。

ここでは、MICSの成り立ちや現在の利用状況をはじめ、MICS非提携金融機関であるインターネット専業銀行およびコンビニATMとの関係、そして似ているために混同されることの多い、MICS提携とATM提携の違いについて述べていきます。

各ページのご案内

MICS提携金融機関

MICSでの取引

MICS非提携金融機関

MICSとインターネット専業銀行

MICSとコンビニATM

MICS提携とATM提携

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.