ペイジー

ペイジー(Pay-easy)とは、金融機関のATMおよびインターネットバンキング経由で、税金や公共料金、買い物の代金などの支払いを電子的に行うサービスです。平成13年に設立された「日本マルチペイメントネットワーク機構」によって運営されている、公共性の高い決済インフラで、金融機関と収納機関(支払い先の企業・団体)とを電子ネットワークで結ぶことによって、税金、保険料の納付、公共料金、クレジットカードなどの各種料金払込を可能にしました。

ペイジーは国内の様々な企業・団体に導入されており、大手企業はもちろん、官公庁や地方公共団体などもペイジーの収納機関となっています。そのため、NHK受信料や携帯電話料金といった通信費の支払いや、自動車税や固定資産税、住民税などの納税、国民年金や生命保険料の納付、さらにはアメリカへのビザ申請料金にも、ペイジーを利用することができます。

またペイジーは、日本国内の多くの金融機関と提携しています。メガバンクや地銀、ゆうちょ銀行をはじめ、信用金庫や信用組合、労働金庫、農業協同組合および漁業共同組合など、ほとんどの銀行等金融機関が、ペイジー対応金融機関となっており、全国どこからでも、便利に利用することができます。

ペイジーは、誰でも利用することができ、利用のための登録手続きなどは一切不要です。使い方も大変シンプルで、必要な操作は番号入力のみとなっています。ペイジー対応の金融機関のATMで、ペイジー取引画面を開き、納付書または請求書に記載された番号を入力するだけで、簡単に支払いを済ませることができます。

ペイジーは、全国の金融機関のATMだけでなく、インターネットバンキングやモバイルバンキングでも利用することが可能です。自分が所有するインターネットバンキングの口座にログインし、所定のページから納付書または請求書に記載された番号を送信するだけで、支払いを済ませることができます。パソコンやスマートフォン、携帯電話などの端末から支払うことができるため、わざわざ金融機関まで足を運ぶ必要がなく、自宅から、いつでも自分の都合に合わせて利用することができます。また、支払い方法として「ペイジー」が選択できるネットショッピングやネットオークションでも、ペイジーを利用することができます。

このようにペイジーは、私たちの生活に密着した、様々な支払いに対応したスマートな決済インフラだと言えます。ここでは、ペイジーの使い方やメリット、賢い活用法について述べていきます。

各ページのご案内

ペイジーのメリット

ペイジーで支払う

ペイジーで納税

ペイジーでネットショッピング

ネットバンキングでペイジー

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.