利息の計算の役立つところ!利殖編

複利で資産運用した方がお得です。期間により様々な金融商品があります。

資産が雪だるま式に増えるのが複利

多くの場合、複利計算で資産を運用した方がお得と言えます。では、この複利計算、どのような資産運用で使われているのでしょうか。このような話は専門家であるファイナンシャルプランナーに聞くと詳しく教えてもらえますが、実際にはどのような場所で使われているかについて、見ていきたいと思います。

この複利、利息が付く期間もその金融商品によって異なります。例えば、1か月、半年、1年など、その期間はさまざまです。どのようなものがあるのでしょうか。代表的な商品を書けば、1か月ものがMMF、MRF、中期国債ファンドなどがあります。半年であれば、ヒット、ビッグ、ワイド、定額貯金、ニュー定期、スーパー定期変動金利定期預金など、1年ものが期日指定定期預金、公社債投資信託などがあげられます。また、それ以外にも変額個人年金、投資信託などがあると言われています。

ところで、MMF、MRF、ヒット、ビッグ、ワイドとは何でしょうか。見ただけでは良くわからないものが多くあります。MMFとは、マネー・マネジメント・ファンドのことであり、MRFはマネー・リザーブ・ファンド、ヒットは現在は新規受け入れは行われていない信託銀行で取り扱う小口の金銭信託商品、ビッグとは信託銀行が発行する貸付信託貯蓄の一種のことであり、ワイドとは利子一括払型利付金融債のことです。

複利計算で行うことが出来る金融商品はさまざまあり、利率の高いものを選べば選ぶほど、自分の資産は雪だるま式に増えていきます。複利計算さえできれば、将来自分が手にする資産を計算することが出来るわけですね!

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.