ユーロに加盟しない国、イギリス

イギリスはEUには加盟していますが、ユーロには加盟していません。

貨幣にはエリザベス女王の肖像

先ほど多少書きましたが、ユーロに加盟していない国に、イギリスがあります。ただイギリスはヨーロッパ連合であるEUには加盟しています。どうしてこのような現象が起こるのでしょうか。そこには複雑なヨーロッパの歴史があります。

第2次世界大戦で、国家社会主義労働党、いわゆるナチスドイツと勇猛に戦ったイギリスですが、その前にも、フランスやスペインなどとの戦いでも、イギリスがいただいていたのはロイヤルの王冠でした。いまでもそれは変わりません。産業革命発祥の地と言われ、その工業力によって、スペインの無敵の艦隊を破り、7つの海を支配したイギリスでは、名誉革命という形で、王制を残していきました。王制を倒したフランスとは大違いですね。

このイギリスの王様、皆さんもご存知、エリザベス女王ですが、英連邦の国の国家元首になっています。英連邦って皆さん聞いたことありますでしょうか。例えばカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、現在、約54か国が加盟しています。こうした国々の国家元首、例えばオーストラリアの国家元首はエリザベス女王だったりします。現在でも使用している貨幣にエリザベス女王の肖像画描かれていたりしている英連邦の国もあります。イギリスでは当たり前のように貨幣にエリザベス女王の肖像が描かれています。

これだけ有名で思い入れのあるエリザベス女王の肖像が、もし、ユーロに加盟してしまうと無くなってしまいます。イギリス国民はこのようなことを受け入れること、できなかったのではないでしょうか。ということで、イギリスはユーロに加盟していないのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.