間接金融と直接金融

間接金融の対極にあるのが直接金融です。

間接金融のメリットとデメリット

先ほど少し話に出た日本の会社の資金調達方法ですが、間接金融という言葉を誕生させました。ここでは、この間接金融とは具体的にどのようなものであるのか、また、その対極にある直接金融とはどのようなものであるのかについて説明していきます。

まず、間接金融についてですが、間接金融は先ほども書いたように、銀行などの金融機関から融資を受け、その融資を基に資金を活用するというやり方をしてきました。銀行は取りはぐりが無いように、資金がきちんと回収できるよう、銀行から役員などを出向させて監視させたりします。もちろん、銀行からの出向者ですから、財務の専門家です。出向先の会社は、銀行から資金提供を受けることによって、財務面において会社の健全性を保つことができるようになるというメリットがあります。

一方、デメリットもあります。それは資金提供は銀行から受けるという関係もあり、銀行の利益にならない融資は受けにくいということになります。ただ、中小企業に関して言えば、各都道府県にある信用保証協会の保証を受ける関係から、実質的に銀行は損失を出すことはないという現状があります。

これとは別のものとして、本来の株式会社の仕組を使用する、直接金融があります。これは、市中から資金を調達するもので、株式会社の場合には有限責任ですので、もし、会社が赤字を出しても返済の義務を負わないというものになり、会社にとっては非常にメリットの大きい、しかし調達するには会社の信用力もありますので、多少不便な調達方法になります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.