変わる直接金融

資金調達の手段の多様化によって、会社の資金調達が変化しています。

直接金融を行う会社の増加

日本では間接金融がメインであったと書きました。実際、戦後、GHQによって財閥が解体されて以降、旧財閥が銀行を中心とした企業グループが形成されました。例えば、三井グループや三菱グループなどがそれです。これらのグループ企業は銀行を中心としたもので、グループ内の企業は株式を相互に持ち合う仕組みとなっていました。

そのため、株式の大多数が株式に出回ることはなく、仕手戦と呼ばれる投資家が不当に株価を操作することなどが可能でした。これはバブル経済の引き金にもなっています。

このような旧財閥グループになると、株式会社の本来の目的である株を発行して市中から資金を調達するという仕組みができなくなります。なぜなら、先ほども書いたとおり、グループ企業内で株式を持ち合うからです。これは外部からの敵対的買収などから身を守る手段として有効でしたが、バブル経済が崩壊すると、グループ内でも銀行から資金を調達することが以前より難しくなりました。

そこで、株式会社本来に立ち返り、直接金融を行う会社が増えてきました。これは、不況による規制緩和という側面も持っています。この直接金融は、株式と負債に分けることができます。株式は先ほどから書いていますから省略します。社債に関しては単に借金をするというよりも多様化しています。少し具体的に書くと転換社債、新株引受付社債などがあります。このような資金調達の手段の多様化によって、間接金融中心の会社の資金調達が変化しています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.