社債の種類

社債には性質による分類など、さまざまな種類があります。

一般的に使用されるのは普通社債

この社債、どのような種類があるのでしょうか。先ほども多少触れましたが、ここではきちんと整理していきたいと思います。

社債には性質による分類、債権者名義の管理の有無による区別、募集の仕方による分類、担保の有無による分類、利子払い方式による分類などに分けられます。

まず、性質による分類ですが、これは、普通社債、転換社債型新株予約権付社債、新株予約権付社債、劣後債などがあります。債権者名義の管理の有無による区分は、記名社債、無記名社債などがあげられます。募集の仕方による分類には、公募社債および私募社債などがあげられます。利子方式による分類については、利付債である、固定利付債、変動利付債、割引債などがあげられます。

ちなみに会社法上の社債と類似するものとして、特定目的会社が発行するものを、特定社債といいます。これは資産の流動化に関する法律に基づいて発行されます。さらに投資法人が発行するものは投資法人債と言います。これは投資法という法律の適用を受けます。

また、日本に居住していない外国の発行体が日本国内で円建てで発行する債券をサムライ債、外貨建てで発行する債券をショーグン債といいます。

一般的に使用されるのは普通社債です。この社債、普通社債以外にも別の言い方があります。それは事業債という呼ばれ方です。これは前から取り上げている通り、会社は銀行などの金融機関から資金を借り入れるより、低率で資金調達でき、投資側から見て経営基盤のしっかりしている信頼のおける会社は銀行の定期預金より金利が高金利になるというメリットがあるので、多く使われています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.