社債のリスク

社債は下手な銀行預金よりも利子を生みますが、リスクもあります。

社債の情報は少ない

今まで社債について色々と知ってきました。社債は、下手な銀行預金よりも多くの利子を生むことにも触れました。下手な銀行の預金よりということはもちろん、今では株式よりも利率が良いと言っても過言ではありません。しかし、預金と違って、預金よりもリスクを伴います。どのようなリスクなのでしょうか。

株式の場合もそうですが、原則、株式は会社に出資することを意味しますので、もし会社が赤字になった場合には配当金が出ません。また、会社が倒産したりなどすると、株券は紙くずになってしまいます。

債権も似たようなリスクがあります。株式よりは高い利息を得られますが、反面、株式と違って発言権がありません。また、会社は償還の猶予を求めてくる場合もあります。この場合、その猶予に応じないと、会社がつぶれてしまうこともあります。ですから、会社の言うなりになり、返済を猶予してしまいます。また、投資をしている人であれば、金利変動のリスクも伴います。格付け会社が評価を上げれば高くなり、評価を下げれば、価格が大体低くなります。

社債は、特に個人向けに関してはまだ安全性が確立されたとは言いにくい金融商品であることは間違いありません。このような中で、社債のリスクを正確に知り、そして自己の責任において投資を行うことは非常に重要です。

社債の場合には情報があまり多くないことも多いですので、そのため、社債を買おうとしている会社のことを詳しく調べる必要もあります。これは、社債を購入するためのリスクの一つとも考えられます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.