個人向け社債を知る

個人向けの社債を、いかに販売するかが課題となっています。

個人向け社債は人気が高い

社債は、一般に会社が負債を市中から調達する方法として確立しています。ただ、市中からの資金供給を受ける場合、その供給者である個人を探すのが非常に難しいと言われています。従来は数億円単位で購入する機関投資家(法人)へ販売するものが主流でした。こうした中で、個人向けに社債をいかに効率的に販売するかが重要になっています。

そこで登場するのが証券会社です。ただ、株式と違い、常に売買できるマーケットがあるわけではなく、基本的に公募時にしか購入できるものではありません。なんと、個人投資家からの人気が高まっていることもあり、抽選でしか購入できないケースも少なくありません。また途中売却についても、コストや時間がかかる問題があります。元本保証があるものも多いですが、間違ってはいけません。この元本保証は公的なものではありません。もし会社が倒産した場合、社債が元本割れするリスクが高まります。

それでも、個人向け社債は人気が高いと言えます。ただ、機関投資家向けの社債と違い、利子が低いと言われています。これは、足元を見られていると考えても構わないと思います。では、なぜ利子が低く設定されてしまうのでしょうか。それは、個人投資家が数億円規模で購入してくれることが無いためです。

それでも一般投資家にとって、預貯金より利率が高いこの社債、人気が出るのは当然であと思います。今後、個人向け社債の販売はその量も多く、また、多様化していくのではないかと考えられます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.