株式と社債,どちらを選ぶ?

株式と社債を選ぶ基準を、具体的に見ていきます。

株式市場は安定的で購入しやすい

株式と社債、どちらを選ぶのか、もう既に結論が出ているかもしれません。もし、利殖の幅を増やしたいのであれば、社債がおすすめです。ただ、会社に参加したり、自分の保有する証券を高めるための行動を行う場合、この場合には株式がおすすめといえます。

では、株式と社債、どちらの方が良いか、具体的に選ぶ基準を明らかにしていきたいと思います。そもそも株式の場合、先ほども書いた通りの利殖幅の問題もありますが、それよりも何よりも、株式市場が安定的に運営されているため、購入しやすいということがあります。また、色々な会社があります。東京証券取引所一部上場企業、東京証券市場二部上場企業など、さまざまな市場に株式を上場し、市中から資金の供給を受けようとしています。この場合、伝統と歴史がある証券取引所が審査した上での上場ですので、信頼性があります。この信頼性は、社債より高いと言えるでしょう。

しかし、最近の株式市場の低迷は、非常に問題であると言えます。これは特に投資家については重要な問題となっています。株価の高騰による利ザヤを稼いだり、配当金が少なかったり、それでも、金融商品の中で、国債、地方債などについで信頼性がある株式の購入は安定性を知る上で重要であると言えます。

一方、社債は信頼性の低いものも中に含まれますが、利率が高く、魅力のある投資主体になりつつあります。もちろん、元本は保証されます。元本は保証されますが、倒産したらどうなるかわからない危険を伴います。みなさんなら株式を選びますか、それとも、社債を選びますか。選び方一つで人生変わるかもしれません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.