住宅ローンの金利

住宅は一生に何回も購入することはない、一生涯の大きな買い物です。

住宅の金額を安くする方法

結婚して、子供が出来て、そして子供が幼稚園に入ろうとするころ、家が手狭になるので、この辺で引っ越し。核家族化が進む、標準的なサラリーマン世帯にとって、ごく当たり前の出来事です。でも、家を借りるか買うか、非常に迷うところではないでしょうか。

実際、バブル経済崩壊後、日本の地価は下がり続け、その地価下落に合わせて家賃も下がり続けています。2年間の契約、そして、契約更新時、1か月分程度の契約更新料を支払ってまたさらに契約を行う。この場合、契約更新をして家賃が同じ水準であるならば、引っ越しをして、同水準で今の部屋より安い部屋を借りた方が、よっぽどお得な場合が多い現代、住宅は買うより借りた方が良いと言う人も多くなってきてるのではないかと思います。

でも、家を借り続ければ、一生経っても自分の財産は増えません。そこで敢えて住宅を購入すると言う人もまた多いのが日本です。でも、住宅はそんなに安くありません。多分、サラリーマンを例に挙げるのであれば、一生にそう何回も購入することはない、一生涯の大きな買い物になります。

この一生涯の大きな買い物、初めてで最後というものも多いと思います。であるならば、住宅選びは非常に重要です。みんなより良いものをより安くと考えているに違いありません。格安の住宅、確かにありますが、材料費などをケチったがために欠陥がある住宅であることもあります。そのようなことを考えたら非常に慎重にならざるをえません。

そこで、材料費などをケチった家をつかまない、でも、金額を安くする方法、そこに目を付けます。それが、住宅ローンの金利なのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.