住宅ローンの基本

住宅ローンとは、銀行などの金融機関から受ける融資の1つです。

詳細な審査基準は非公表

住宅ローンとは、本人や家族もしくは本人や家族が住むための住宅やそれに付随する土地を購入したり、新築したり、増築したり、改築したりするため、銀行などの金融機関から受ける融資のことです。

日本はバブル経済崩壊以前、徐々に物価や地価が上昇していました。このため住宅ローンは、サラリーマンの平均収入を大幅に超えることが多く、金利は低く抑えられていて、返済期間は多くは35年までと長いローンであることが特徴です。

返済期間を長期間に設定すると、毎月の返済額が減少します。そうすると、定年まで働き続ければ、月収の範囲内で高額な持家が容易に取得可能となります。

住宅ローンを扱うのは通常、普通銀行、信託銀行、信用金庫、JAバンク、労働金庫などの金融機関で扱われるのが一般的です。

この住宅ローンの貸し出しを受けるための条件にはどのようなものがあるのでしょうか。それは、融資を受ける借り手本人に安定した収入、これは給与所得であったり、事業所得である場合が多いですが、銀行等の金融機関が指定した信用保証会社が貸し手に対して連帯保証を承諾し、債務保証委託契約が締結されることが最低条件となっていることが普通です。

住宅ローンの取扱会社によっては、貸出金額、年齢、年収、勤続年数、頭金、団体信用生命保険加入などの制約や条件を個別に設けています。申し込みの目安はパンフレットや商品説明諸等で明らかになっていますが、詳細な審査基準は非公表であることが多いです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.