福利厚生団体からのローン

福利厚生団体からのローンは、様々な種類のものが用意されています。

住宅ローンの裏技

福利厚生団体からの住宅ローンと言えば、一般の金融機関と違う低金利の住宅ローンが多く存在します。これは、会社などの福利厚生団体、つまり、保険組合などが組合員に向けたローンを提供している場合があります。このローンは多岐にわたり、住宅ローンはもとより、マイカーローン、急な借り入れなど、様々なローンが用意されていることが多いと言われています。

互助会ですので、金利が非常に低い上、借入歴などの信用情報が他機関に通知されることもほぼありません。ですから、このようなことは実際には出来ませんが、理論上、保険組合で借り入れた資金は、信用情報機関に登録されませんから、銀行からも同じようにローンの借入は可能となったままです。とはいっても、あくまで理論上です。ローンを借りるときには他社借入について記載しなければなりませんので、ローンを組んでいることを記載しなければ、それだけで虚偽記載ですから大変な問題になります。

それと、この保険組合の問題点ですが、会社を退職すると即返済しなければならないことが多いです。退職金などから差し引かれる場合も多くあります。この保険組合は大手の会社はたいていの場合保有していますし、それ以外には、国家公務員共済組合などの共済組合でも同じような制度が設けられていることが多いようです。

もし、住宅ローンを組む場合には、このようなさまざまな保険組合を利用するというのも裏技としてありではないでしょうか。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.