繰り上げ返済のメリットデメリット

繰り上げ返済なら、毎月の決まった返済金額よりも、少しでも多く返済できます。

繰り上げ返済の手数料無料

住宅ローンには、繰り上げ返済と言うものがあります。毎月毎月、最長でおよそ35年の金利を支払い続けると、非常に多額の利息を銀行などの金融機関に返済していくことになります。借り入れを行った人にとって、いくら安定した収入があると言っても、一生かかって払う金額を計算すると、頭が痛い金額です。毎年毎年、勤続年数が上がれば上がっただけ、給与は少しづつでも上がっていきますので、毎月の支払いを押さえ、可能な限り早めに返済したいと思うのは人情ではないでしょうか。

このような要望に応える仕組みが、繰り上げ返済です。繰り上げ返済であれば、毎月の決まった返済金額以外、少しずつでも多く返済することが可能となります。

ただ、気を付けた方が良い場合もあります。どのような場合かと言うと、繰り上げ返済に手数料がかかるという銀行などの金融機関があるからです。一回の繰り上げ返済の手数料が1000円だったとすると、10000円の繰り上げ返済をした場合、10%もの手数料がとられることになります。これ、計算をしていくと利息の方が高くなる場合もあります。100万円くらいいっきに繰り上げ返済するのであれば、むしろ安くなるかもしれません。安い金額を繰り上げ返済する場合にはこのようなデメリットがある場合がありますので、注意した方が良いかもしれません。

ただ、最近の住宅ローンは、繰り上げ返済の手数料無料などと言うものも多く存在します。なぜかと言えば、このような手数料をとると、他の銀行などの金融機関の借り換えローンに乗り換えられてしまうからです。そうると、結局、貸した銀行が利息を多く取れない現象が生まれてしまうからです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.