変動金利と固定金利

中央銀行の行う金融政策が、金利の上げ下げです。

住宅ローンの金利は年々減少傾向

続いて金利の基礎知識になりますが、変動金利と固定金利について書いていきます。先ほど書いた通り、貨幣経済が発展する中で中央銀行による金融政策として、金利の上げ下げを行うことが多くなりました。また、資金供給に関する市場も形成され、日々金利が変動しています。

バブル経済が崩壊すると、株価や地価が下がる中で、デフレ経済が進行し、金利負担が非常に重くなってきています。こうした中で日本銀行はゼロ金利政策を採り続けているということもあり、住宅ローンの金利も年々減少傾向にあります。

もし、今、住宅ローンの金利で借り入れを行ってしまえば、将来的に、同じような住宅ローンで借りた場合と比べると、金利負担が非常に重いと言えるものになってしまいます。このような場合、みな、「今住宅ローンを組まないでもっと金利負担が低くなってから借入した方が得」という考え方になっていきます。すると、住宅ローン市場が停滞してしまい、結果として、個人向けの長期貸付市場が失速してしまいます。このようなことから、毎月もしくは毎年の金利に連動した住宅ローンが登場するようになりました。これが変動型の住宅ローンになります。もちろん、従来のように固定の住宅ローンも存在します。

これからの日本の経済状態を読んで、どちらが良いか、自分自身で有利だと思える方を選べる時代になってきたと言えます。みなさんならどちらを選ぶでしょうか。今後の日本経済に関心を持つことは住宅ローンを組む上で非常に重要です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.