世界初のバブル経済の発生と崩壊

チューリップ・バブルとは、オスマン帝国から輸入したチューリップの球根が異常な高値となったものです。

家財道具や家畜などを換金して投機

世界で初めて起こったバブル経済は、1637年に起こったチューリップ・バブルです。端的にこのバブル経済をまとめると、オスマン帝国から輸入したチューリップの球根が異常な高値となり、その後、価格が100分の1以下にまで下がったというものです。これは近世ヨーロッパの三大バブルに数えられます。

では、なぜこのようなバブル経済が発生したのでしょうか。実はオランダ、バブル経済が発生した当時は経済大国でした。ただ、民衆の暮らしは貧しく、少しでも金儲けをしようというマインドがありました。この当時、オランダがスペインから八十年戦争に勝利し、実質的な独立を獲得していました。このため、オランダのアムステルダムに商取引が集中し、また、オランダの東インド会社が利益をあげていたことから、所得は高水準になっていました。しかし、物価も他の地域から比べたら非常に割高となっていました。そのため、儲かりそうなものに、自分たちが所有する家財道具や家畜などで換金し、投機していました。

その投機の対象に、先ほど書いたチューリップが入り込んだのです。実はチューリップ、短期間に増やすことが難しい種で、当時の愛好家たちは非常に高値で取引をしていました。また、チューリップの美しさに愛好家たちは心を奪われていたため、需要が急増していたのにもかかわらず、供給が追い付かない状態が続いていました。そこで、投機家が参入、その後、庶民が参入し、バブル経済となって行きました。

しかし、1637年になると、買い手がまったく見つからなくなり、チューリップの価格が暴落したというものです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.