強い管理下の人民元。ちょっと上下する固定相場制か?

中国の人民元は、変動相場制に対応していません。

人民元は上下する固定相場制

中国の人民元はその実力とは裏腹に、国際通貨としての価値はさほど高くありません。なぜかと言えば、第一に変動相場制に対応していません。ですから、通貨の需要と供給の関係によって相場が決定されるという市場メカニズムが働いていません。

このような書き方をすると、「えっ?人民元もレートがあるじゃないか?」と思うかもしれません。確かにそうです。ただ、昔日本が経験したように固定相場制から変動相場制に突然移行し、自由に通貨を売買できるような状態とそうではない状態という2極で考えてしまう人にはそのように映ってしまうかもしれません。

現代は昔より事情が複雑です。厳密に言えば、人民元は確かに固定相場制ではありません。ただ、自由に売買できる通貨でもありません。うまい表現ではないかもしれませんが、「ちょっと上下する固定相場制」と言った方が良いのかもしれません。

では、この「ちょっと上下する固定相場制」とはなんなのか、話を続けていくことにします。

中国は元々、資本主義国ではありませんから、自由貿易と言うものを行ってきませんでした。ですから我々のように、貿易をするのにあたって互いの国の通貨が必要となり、売買したりする必要がありませんでした。

東西冷戦が崩壊し、中国が国際舞台に再び登場してくると、加工貿易を基礎とした急速な経済発展が続きます。すると、外貨と人民元の需給バランスを考えなければならなくなります。そこで登場したのが管理フロート制の採用です。これによって、まったくの固定相場ではなくなりましたが、未だ固定相場に近いと言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.