経済関係の学部は非常な人気

今、文系がひそかなブームです。とくに経済関係の学部は非常に人気があります。

社会に出て即戦力となる知識

高校三年生。そろそろ志望校も絞れてきたでしょうか。すでに受験勉強を始めている人たちも多いと思います。最近大学進学で人気なのは、これは流行り廃りが無いのかもしれませんが、国公立大学です。国公立大学のメリットは学費が安いという一言に尽きるでしょうか。それ以外、私立大学でも早稲田大学や慶應義塾大学、同志社大学などのブランド校も非常に人気が高いと言えます。ただ皆さん、ここで注意をして欲しいのですが、大学をブランドで決めてしまっていませんか。

やはり、大学を決めるときには自分で学びたいこと、これが重要です。分野に関して言えば、医歯薬理工系、非常に人気が高いです。ただ、少し考えてほしいのですが、医学にしても、薬学にしても、卒業までに非常に多くのお金が必要になります。理学、工学も同様、文系よりも多くお金がかかります。なので、国公立の医歯薬理工系は非常に人気が高いのです。それでも一般的に文系の学生より多くの費用がかかります。不況の現在、学費や生活費を支払うこと、可能でしょうか。

こう考えると、今、文系がひそかなブームになっています。その文系の中でも、社会に出て即戦力となる知識が習得できる社会科学系、その中でも経済関係の学部は非常に多くの人気を集めています。でも、経済という言葉、テレビのニュースや新聞記事で良く見かけますが、高校生であるみなさんにとっては難解な意味を含む語となっているのではないでしょうか。

今回はこの経済について知るとともに、大学選びの役に立つ話をしていきます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.