高校で学んだ科目との対照

実は、ほぼすべての高校生は高校で経済について学んでいます。

社会に出て即戦力となる知識

みなさんはどのような高校で学んでいるでしょうか。普通科の高校でしょうか、商業科の高校でしょうか、工業科の高校でしょうか、農業科の高校でしょうか。または、通信制の高校でしょうか。色々な高校がある中で、じゃっかん、工業科と農業科の生徒さんには難しい話になるかもしれませんが、実はほぼすべての高校生は高校で経済について学んでいます。例えば政治経済、これはピンポイントで経済を学びます。ただ、一般的にこの科目を実施している高校はあまり多くないようです。それ以外の科目ではどうでしょうか。それは、現代社会という科目で学びます。また意外かもしれませんが、公民や地理、世界史などでも多少経済について学びます。

今まで学んだことがある科目であれば、それほど難しくなく経済、理解することができますね。ただ、基本的には高校と大学で学ぶ経済のレベルはかなり違います。また、分類の方法も結構異なっています。高校であれば、経済、需要と供給というものがある程度で終わってしまうことでも、大学ではさらに奥深く学んでいきます。三面等価の原則も、政府・家計・企業で終わってしまいますが、大学ではもっと深く学ぶことになります。

大学は4年間あります。高校よりもより専門的な知識を身に着けることによって、将来のために、直近で言うのであれば、就職のために役に立てる必要があります。

では、大学で学ぶ経済、どのようなものになるのでしょうか。具体的な内容を見ていきたいと思います。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.