大学で経済学を学ぼう

大学でまず、経済がどのように体系づけられているのかを知る必要があります。

自分が幸せになる富の配分

大学で経済学を学ぶことを希望している生徒さんには、まず、大学で経済がどのように体系づけられているのか知ってもらう必要があります。

経済とは、Economicsのことですが、その語源まで追求して行けば、ギリシャアテネの都市国家の話まで遡ることができます。日本には明治時代に輸入された言葉ですが、当初は経世済民と考えるべきであるのか、それとも経国済民であるのかについて、議論があったとされています。

後に経国済民に落ち着きますが、この漢字の意味、分かりますか。経済の経は、お経の経という漢字が使われています。これは、物事の真理という意味もあります。つまり、経済とは国の民を救う真理を知るものであるということがここから理解できると思います。そして学とは、系統立てられた体系のことを意味しますので、経済学には色々な諸分野に分かれていることがこの漢字から想像することが出来ると思います。

「国の民を救うことが将来の夢です。」と言う人はぜひ経済を学んで欲しいのですが、日本のように発展した国で、このような夢を持つ人はかなり少ないのではないかと思います。むしろ、自分の幸福を追求したいと考える人の方が多いのではないでしょうか。世界的に見て、このような希望を持てる国、そして実際にある程度実現が可能な国はそんなに多くはありません。実は経済学、この自分が幸せになる富の配分について、よく理解することができます。ですから、自分の幸せを追求したいと考える人々にとっても非常に重要な学問となるのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.