マクロ経済学とは何か

マクロ経済学は、古典派、新古典派総合、新しい古典派、ニューケインジアンなどに分かれています。

揺れ戻しが常に起こる分野

では、先ほど経済全体をみる学問として取り上げたマクロ経済学についてみていくことにします。マクロ経済学は個別の経済活動を集計した一国の衛材全体を扱う学問です。マクロ的な経済変数の変化に注目し、適切な経済指標とは何なのか、この指標に基づいて、どのようなことをすれば、経済は良い方向、つまり、望ましい方向に向かうのか、その経済政策とは何であるのかという考察を行います。

このマクロ経済学の主要な研究対象としては、国民所得の増減、失業率の増減、インフレーション、デフレーション、投資や貿易収支などの集計量があります。また、悪路経済の分析対象となるのは、市場で、どの市場かというと、財やサービスの市場、いわゆる生産市場、資本や債券の市場、いわゆる、貨幣市場、労働市場に分かれます。

このマクロ経済学は、古典派と言われる人々、ケインズとカレツキ、新古典派総合と言われる人々、新しい古典派と言われる人々、ニューケインジアンなどと言われる人々に分かれています。

古典派は1930年代にアメリカを襲った恐慌で、その味方に懐疑的な人々が増加しました。その後、貨幣市場において流動性選好と貨幣供給量によって現実の利子が決定されると説いた、ジョン・メイナード・ケインズが、有効需要政策の必要性を訴え、ケインズ革命が起こりました。さらにそのケインズの解釈によって、新古典派総合が成立し、1970年代、スタグフレーションに苦しむアメリカでケインズ批判が起こり、新しい古典派が誕生することとなります。

マクロ経済は振り子のように揺れ戻しが常に起こる分野であると理解してよいのかもしれません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.