ミクロ経済学とは何か

ミクロ経済学は、家庭(家計)が経済的な取引を行う市場を分析対象としています。

ミクロ経済学の主要な理論

次にミクロ経済学にうつります。ミクロ経済学は経済主体の最小単位と定義する家庭(家計)である消費者、企業、それぞれが経済的な取引を行う市場を分析対象としています。この世にある希少な資源の配分について研究する経済学の研究領域で、最小単位の経済主体の行動を扱っているため、ミクロ経済学と言われています。

ちなみにミクロ経済学の主要な理論には受給理論、価格理論、市場構造の理論が存在します。では、この中から主要な理論について説明していきます。

まず、受給理論です。受給理論とは、ある、特定の市場における需要と供給の関係及びお園原理について説明した理論です。これは、需要理論と供給理論の2つに分けることができます。

需要とは支払い能力を伴う特定の財やもの、サービスなどを消費しようとする欲求のことで、この欲求は財の価格などの細かな変動によって変化します。経済学ではいろいろな価格帯での需要をまとめて観察し、その価格に伴う需要量の変動を曲線としてしめしています。これを、需要曲線と大学では呼びます。

一方、物財やサービスを市場に供給する活動を供給と言い、これもまた、価格などの細かな変動によって変化します。

高等学校の経済よりも専門的な用語が多く出てきていて、非常に難しいと感じるのではないでしょうか。でも心配はいりません。なぜならば、大学で経済を勉強する場合、4年間かけて学んでいくことになります。高等学校では1年ですが、4年もかければこのくらい、まったく問題ないですね。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.