経営学とは何か

経営学とは、人の営みについて探求する学問です。

経営組織論、経営戦略論、国際経営論

経営学とは、漢字の意味から考えると、人の営みについて探求する学問です。経済学では、最小単位を家計としていました。家計は、複数の人から成立する組織です。組織は人の営みの一つの方便であるのかもしれません。この組織、時代の変化に合わせて最も変化している組織があります。それが、企業です。経営学は人の営みについて分析する学問でありますが、家計の場合、太古の昔より、人類の営みは変わらないわけです。でも、最も変化が激しい組織が会社であるため、経営は企業を対象として分析を行います。もちろん、経済社会の中で、重要役割を果たしているのは、先ほども書いた通りです。ですから、経済を知るのにあたって、企業を知るということは非常に重要なことになります。

では、経営はどのような分野に分かれるのでしょうか。まず、経営の中心となるのは、このような話から、経営組織論になります。そして経営学ではそれ以外にも、環境に対応するための経営戦略論、国際経営論などが存在します。

経営学は経済学に比べて数量的である部分が少なく、記述的に書かれています。これは、企業の経営者の経営を分析するのにあたって、経営者も人間ですので、その行動を数値化することが難しいからであると言えます。

高校時代、数学が苦手だったと言う人が経済を理解するためにはじめるのには勉強しやすい学問になるかもしれません。ただ、もちろん、経営学も計数を用いた分野もありますので、その点は要注意です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.