商学とは何か

商学は、商業簿記、工業簿記、財務諸表を学ぶ必要があります。

管理会計論、監査論、企業法も学ぶ

経済を勉強するのにあたって、経済と名前がつかないものの、経済を理解する上で重要な学問の一つに商学があります。同様の理由から見たのが経営学です。これから商学とは何であるのかについて明らかにしていきます。

商学とは、英語ではコマースと言いますが、商品やサービスが生産から流通チャネルを通して消費者に渡るまでを研究対象とした学問です。商学も経営学と同様、経済学よりは計量的ではありません。それは商品の流れを明らかにしているからです。そうすると、経営学と同様、高校で数学が苦手だと思う人にはとりかかりやすい学問であると言えます。

しかし、注意しなければいけない点があります。それは、計量的ではありませんが、企業でつけられる商業簿記、工業簿記、財務諸表について学ぶ必要があります。そうすると、経営学よりも、より数字が並ぶことになることは間違いありません。と言っても、経営学でもこれらの学問は一通り学びます。

それ以外に商学ではどのような分野を学んでいくのでしょうか。例えば、企業に必要な管理会計論、監査論、企業法このようなものを学んでいきます。

ところで話は戻りますが、簿記とはどのようなものでしょうか。商業高校や工業高校出身の人には難しくないかもしませんが、念のために書き進めます。われわれは、普段の活動を記録したりするために日記を付けます。企業は日々のお金の出し入れをします。その日記が簿記になります。簿記には単式簿記と複式簿記があり、現在主流なのは複式簿記になります。さて、この続きは大学に入ってから学んでください。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.