経済知識を就職に役立てる

会社で即戦力になると思わせる知識、それが経済の知識なのです。

経済を学べる大学を探す

いかがでしたか?経済を知ると言うこと。高等学校で経済というと、需要と供給の法則など、イントロダクションの部分しか出てきません。その上、小学校から学んできた科目とは一味違う内容のため、「ちょっとこれは」と敬遠してしまう人も多かったのではないでしょうか。また、せっかく大学に行くのであれば、医歯薬理工系を目指さなければと思っている人も多いと思います。

ただ、先にも書いたように、医歯薬理工系は、卒業までに非常に多くの費用が掛かります。もし、普通の会社に就職しようと考えているのであれば、このような知識は不要です。日本の会社では一般的に、「大学までで学んだことは忘れてください」と入社時に言われることが多いです。それは、企業文化を理解し、その会社にあった人材になることが求められるからであると言えます。

そして、そのような、会社に必要な人材になってくれるかどうか、面接で見極められるのです。ここで重要になってくるのは経済関係の知識です。会社の面接の人も、会社にいますので、会社内部の事は良く知っています。「この人であればうちの会社の即戦力になる」と思えば、即採用してもらえます。その即戦力になると思わせる知識、もちろん、一般常識もそうですが、経済の知識なのです。

高等学校を卒業して大学に進学し、将来的には会社で働きたいと思っている人、多いと思います。そのような人のために、大学選びのコツを伝えるのであれば、やはり、経済を学べる大学を探すと言うことになるでしょうか。そして、その大学も多いですが、卒業生がどのようなところに就職しているのかと言うことをよく見て、そして、カリキュラム等を見ながら自分に合った大学を選ぶ。このようなことになるのではないでしょうか。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.