安定成長協定とは何だろう

安定成長協定は、ユーロ圏の国家財政の監視を定めています。

景気が悪い時期が問題

先ほど書いた、ユーロ導入後の基準である、安定成長協定とはどのようなものか、ここで明らかにしていきます。これは、欧州連合の加盟国によってまとめられた、統一通貨ユーロの促進、維持していくための財政政策の運営に関する合意協定のことです。安定成長協定ではヨーロッパ委員会およびヨーロッパ連合理事会によってユーロ圏の国家財政を監視することを定めています。もし、この協定に違反すると、違反国はヨーロッパ委員会もしくはヨーロッパ連合理事会より警告を受け、財政状態の改善が見られない場合には、加盟国が制裁措置を実行することが明記されています。

この安定成長協定は1997年に採択されました。ユーロ導入国が実際に満たすべき基準は、@単年度の財政赤字額の比率が国内総生産の3%を上回ってはならないこと、A国債残高が 国内総生産の60%を下回っていることです。

ただ、この協定には批判もあります。それは、柔軟性に欠けているという点です。資本主義国は一般的に景気の循環がありますので、景気が良い時にはこの安定成長協定を遵守することは問題ありませんが、景気が悪い時にはどうしても財政赤字が増えます。これはケインズ政策に代表されるように、公共事業を大量に行うことを通じて市中に資金供給を行い、景気の回復を図るからです。もし、景気が悪い時期に政府が財政出動をしないと、より大変な状況になると言う主張です。

また、ポルトガルやギリシャに対しては制裁措置の手続きが開始されましたが、フランスとドイツに関してはそれができなかったなど、一貫性に欠けるなどと言う問題も起こっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.