中国の銀行事情

中国の上海で生活している日本人は、約十万人に達すると言われています。

中国に対する負のイメージ

人を騙すの得意で、何よりもお金にがめつく、自分がいかに儲けるかということしか考えていない。中国に対する負のイメージを尋ねると、こういった答えをしばしば耳にします。

そんな中国に、旅行や出張、留学、出向などさまざまな目的でおもむく人は年々増えており、中国一の国際都市・上海で生活している日本人は、定住者が約六万人、短期滞在者を含めるとその数は約十万人(いずれも2012年現在)にも達すると言われています。

“お金にがめつい”この国では、お金にまつわるトラブル発生率は確かに低くありません。できればお金を使わず、トラブルに巻き込まれるのを避けたい、と考える人も少なくないでしょう。しかし、どこの国へ行くにも、お金は必要不可欠。現地で使用できるお金がなければ、一食分の食事どころか、ペットボトルの水一本すら買うことができないのです。また、自国から持ち込んだ現金は、そのままでは使えません。そんなとき、自国のお金を現地で使えるように換金してくれるのが、銀行です。また、預金や送金など、お金のあれこれを相談できるのも、銀行です。

初めて中国の銀行を利用する人は、「中国の銀行って、どんなところ?」「騙されたりしない?」といった不安も、少なからずあることでしょう。

中国の銀行は、親しみやすい警備員がいて、発行されるキャッシュカードは海外でも使えて、防犯システム搭載の頼れるATMがあって、闇両替も許しちゃう、そんな所です。

さてさて、中国の銀行事情を、いろいろな角度から、少し覗いてみましょう。

各ページのご案内

中国のATMの利用

中国の銀聯カード

中国の銀行の警備員

中国の闇両替

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.