変額保険で資産運用

変額保険とは、ハイリスク・ハイリターンの投資型の保険です。

満期保険金の最低保証がない

変額保険とは、新しいタイプの生命保険の中のひとつで、死亡・高度障害保険金や満期保険金の額が加入後の運用しだいで変動するハイリスク・ハイリターンの投資型の保険のことをいいます。

変額保険は、たとえ運用が悪かったとしても死亡・高度障害保障金には最低保証があります。すなわち、たとえどんなに運用が悪くとも、最低限被保険者が死亡した場合や高度障害を負った場合には必ず保障がなされるという意味で、変額保険においても保険の役割は完全に発揮されるものとなっています。、その点では、変額保険も安心ですね。

しかしながら、変額保険は、運用が悪い場合の満期保険金について最低保証がないのが大多数であり、かつ解約返戻金についてはすべての変額保険で最低保証がありません。そのため、運用が悪ければ、変額保険においては満期保険金や解約返戻金がゼロということがありえます。

もっとも変額保険の種類も、多様なものがあり、主なものとして保険期間による区別があり、満期のある有期型(養老型)と満期のない終身型、そして一部の保険会社だけが扱う定期型のものがあります。この中の終身型の場合には、変額保険を途中で解約しない限りにおいては結果的に最低保証があることと同じ結果になるものもあります。

いずれにしても変額保険においては、リスクが伴うものがほとんどです。そのため、どの変額保険を選ぶかは、自分の老後の備えとして必要と考えている貯蓄額やその準備が可能な資金の額などによっても変わってきます。そこで、自分の資産運用の方針をしっかりと決めて選択することが必要となってくると思います。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.