定額個人年金保険で資産運用

定額個人年金保険とは、公的年金を補完するための私的年金です。

老後の備えなら終身年金型

定額個人年金保険とは、公的年金を補完するための私的年金で、貯蓄型の保険商品である個人年金保険の一つです。そして、「定額」個人年金保険とは、一定の年齢になったなら「一定の金額」を年金として毎年受け取ることができる個人年金保険です。

定額個人年金保険のメリットとしては、契約締結をした段階で自分が受け取る年金額が定まっていることから、老後の備えをする際にプランが立てやすい点です。公的年金と定額個人年金保険だけで老後を安心して暮らせるのか、それとも更なる資産運用が必要となるのかが契約締結段階でわかるので、その後の行動も決めやすいですよね。

これにたいして、定額個人年金保険のデメリットとしては、定額個人年金保険の契約が低金利の時代になされた場合、その後予定利率が物価上昇率を下回ることがあり、その場合には年金額が実質的には目減りしてしまう恐れがあるという点です。そのため、やはり定額個人年金保険においても、契約は金利の状況を考慮しつつ、ご自分の資産運用の方針をしっかりと決めて契約される必要があります。

なお、定額個人年金保険の中にも、10年又は15年などの一定の支払い期間が定まっており、その期間中に被保険者が生存している場合にだけ年金が支払われる有期年金、年金の支払われる期間が定まっており、この期間中はたとえ被保険者が死亡しても(遺族が)年金を受け取ることができる確定年金、及び被保険者が生きている限り一生涯年金が支払われる終身年金があり、保険料は高めですが、老後の備えとして契約をされるのであれば終身年金がもっとも適しています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.