ドイツ人は節約家

ドイツにおける貯蓄率はかなり高く、分散投資している人が多いです。

貯蓄預金口座を利用

ドイツ人の貯蓄や資産運用について紹介します。ドイツにも貯蓄預金口座や定期預金口座があります。多くの人は貯蓄預金口座を利用しています。日本の貯蓄預金口座とは性質が異なるもので、引き出し金額によっては前もって告知しないと引き出すことができないようになっています。定期預金口座は満期になるまで引き出しができないため、利便性の面でほとんどの人が利用していません。その代わり、貯蓄預金と定期預金の性質を持ち合わせた特徴を持つ口座が別にあります。このような口座の広告はよく見かけますし、利用する人も増えています。

ドイツの公的年金の財源もやはり苦しくなっているという実情がありますので、個人年金を積み立てる人が増えています。これは自分の所得から一定の額を積み立てるものですが、公的年金制度の一環で国が推進しているものです。国庫からの補助もありますし、税制上でも優遇を受けることができます。そのため、多くのドイツ人が加入しています。企業年金と個人年金の形があります。

ドイツにおける貯蓄率はかなり高くなっています。現金や預貯金だけではなく、株式や債券などに分散投資している人が多くみられます。

ドイツ人には節約家が多いといわれています。それは環境保護の観点からで、無駄なエネルギーや資源を使わないという意識が強く根付いています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.