住宅ローンの種類

住宅ローンには、民間の金融機関の融資と公的融資があります。

民間ローンとフラット35のローン

住宅ローンとは、家を買ったり、家を建てるときに、その資金として借り入れできるローンのことをいいます。住宅ローンには、大きく分けて、民間の金融機関の融資と公共団体などが融資する公的融資があります。

民間金融機関の住宅ローンは、銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合、ノンバンク、モーゲージバンクなどから借りることになります。公的融資には、財形住宅融資と自治体の融資があり、公務員では共済組合の融資制度があります。

これ以外にも勤務先の従業員向けに設けられた社内融資制度がありますが、会社から受けた融資は、退社したときに住宅ローンの残額を返済する必要があります。そこで住宅ローンの返済においては、計画的に借りなくてはならないとされています。

最近では、住宅金融公庫が住宅金融支援機構に移行したことによって、住宅ローンが少し変わり、住宅金融支援機構では、民間金融機関を支援するようなかたちでローン契約が行われるようになっています。この住宅ローンは、金利変動のない長期固定金利住宅ローンの「フラット35」と呼ばれているもので、中間的住宅ローンとして利用されているものです。

ただし、フラット35は、住宅支援機構が行う技術基準の検査が実施され、その品質を満たした建物だけに行われていることを注意しなければなりません。このように、現在の住宅ローンは、民間ローンとフラット35のローンを利用することが一般的となっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.