GDPとは

GDPとは国内総生産(Gross Domestic Product)のことです。

国の経済の大きさをお金で表したもの

GDPとは国内総生産のことです。英語のGross Domestic Productを略してGDPとよびます。GDPは英語のグロス・ドメスティック・プロダクトの頭文字をとった言葉です。グロスは「総数(そうすう)」、ドメスティックは「国内の」、プロダクトは「生産」という意味で、日本語では国内総生産とよばれています。かつては、よく国民総生産(GNP)が利用されていましたが、現在では、国の経済規模を表す指標としては、GNPよりGDPが用いられます。また、現在ではGNPはGNI(国民総所得)と変更されています。

GDPとは簡単にいえば、1年間に日本国内で生産した量の合計です。しかし、一概に「生産量」といっても、日本国内で作っている物は様々なので、単純に物の量の合計では表現ができません。そのため、いったん金額に直して、何円分を生産したかを合計していきます。このように生産した金額の合計がGDPになります。GDPはその国の経済の大きさをお金で表したものです。

GDPは景気動向を判断する上で、欠かせない指標の一つです。国の経済を総合的に把握する時に使われます。また、GDPは、国内の景気を示すものなので、日本企業が海外で生産したモノやサービスは含まれていません。

GDPは国際連合が定めた基準にそって各国が計算しています。日本では内閣府が年1回の確報値のほか、3ヶ月に一度速報値を発表しています。個人が買い物や住宅を買うときに使うお金や、企業や政府が使うお金などを全部足し合わせます。日本で作ったものを外国が買ってくれれば、その金額も含めます。ただし日本も外国のものを買うため、輸出額から輸入額を引いた分がGDPに加えられます。GDPの半分以上は個人や家庭の支出が占めています。意外と個人消費がGDPに大きな影響を与えています。GDPはアメリカドルに換算した金額を国際通貨基金(IMF)が発表します。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.